2020年東京五輪のマスコットはどうなるの?

2020年の東京オリンピックのマスコットの選考方法を決めるための会議が行われたそうですね!

マスコットを決めるのに、おっさんが集まってたらどうしようかと思っていたら、しょこたん(中川翔子さん)や
妖怪ウォッチを作ったレベルファイブの日野晃博社長が入っていて驚きました。
「ゆるキャラ」という言葉を作ったみうらじゅんも呼べば良かったのに。

この会議はまだ選考方法を決めるためのもので、マスコットそのものを決めるわけではないみたい。
エンブレムの騒動があったから密室で決まったと言われないようにしてるみたいですね。
デザイン界の重鎮とか出てきて、その爺さんが可愛がってる人に決まるかもしれないのでいいと思います。

エンブレムのように一般から公募するのか、有名な人だけに絞るのかはわからないそうです。
海外でも名が知れている有名な人がデザインしました、という方が最初の人気は出るかもしれません。
例えば鳥山明デザインとかですね。

まだどうなるかわかりませんが、今から楽しみです!海宝の力 体験談