昨今、貸し付けの時で団地など民家が沢山ある領域では、小さめ貨物や軽貨物で不装置集金店頭が回っている。マイクで「何でも回収します」とうたっている。だけど費用がかかるとは言っていません。そういった声音だと誰もがただでいらなくなったものを引き取っていただけると勘違いしてしまいます。実際、それでおお爺さんなどが不装置を差し出したら、けっこうな高額の単価を取られたという怪我が多いらしいです。街角の防災無線でもよく、注意喚起のプランが流れているほどなので。しかし、一体全体とことん集金店頭はしまうね。いくつか店頭があるようですが、実は私も家電を出したのです。家電には貸し付け費用がなるものがあります。冷蔵庫やテレビ、PC、エアコンディショナーなどだ。当時自分はそれを知らなくて、集金に常識で1万増えるなんていわれてしぶしぶ払ったのですが、調べてみたら決して止めるんですね。だまされてしまったのです。悔しくてようやく報復できないかと思っていたある日、その店頭がものすごく厳しく貨物に郵便を積んでいてこれは道交法罪ではないかと思い、110番し、ちょうどその店頭がガソリンスタンドへ入ったのでナイスパターンでした。貨物はスタンド内で聞き取り聴取をされていました。ほぼ、罰金とポイントを加算されたでしょう。ひどく気持ちよかっただ。http://www.abateofutah.org/