銀行預金(定期預金)と株式投資の大きな違いについて

超低金利の現代において、銀行にお金を預けていても雀の涙ほどの利息しか付きません。この機会に株式投資などへの投資を考えている方も多いと思います。
以下では、銀行にお金を預ける銀行預金と株式投資の違いについて説明します。

《 銀行預金と株の違い 》
大きな違い⇒『元本?大元のお金)が保証されているかどうか』 ※元本の例:銀行に預けるお金,株式を購入する際のお金など

�@銀行預金
メリット:元本が保証されているため、預けたお金より額が減ることはまずありえない。
デメリット:金利が低いため、お金を預けてもお金はなかなか増えない。
つまり、銀行預金はリスクは低いが、利益も低い『ローリスク・ローリターン』な金融商品である。

�A株式投資
メリット:銀行預金に比べて増えるお金が大きい。
デメリット:元本は保証されず、運用に失敗した場合は多額の損失を被る場合がある。
つまり、株式投資はリスクは高いが、利益も高い『ハイリスク・ハイリターン』な金融商品である。ミュゼ ひげ