ウォーキングデッド シーズン7 第一話の感想

待ちに待った、「ウォーキングデッド シーズン7」の放送が始まりましたね〜!
ご存知の方も多いと思いますが、海外のFOXテレビの大人気ドラマのシリーズで、簡単に言うとゾンビものです。
しかし、一般的なゾンビが出てきて驚かせてキャーキャー言うパニックものとは違い、こちらはゾンビによって荒廃した町で生き残った人々が助け合ったり、対立したりの深い人間ドラマに重点を置いているお話しなんです。
なので、キャラたちに凄く感情移入してしまう訳ですが。

前回のシーズン6の最終話で、敵役ニーガンによって主人公リックの仲間の誰かが殺されるけど、誰が死んだのかは分からない撮り方がしてあったんですよ。
なので、ファンたちの間で様々な憶測な飛び交った訳ですが。

実際にシーズン7の第一話を見て驚きました。
なんと殺されたのは一人ではなく二人。
しかも、有刺鉄線をぐるぐる巻きにしたバットで、頭部を叩き潰すという酷い殺され方で、ニーガンが何度もバットを振り下ろす度に、見てるコッチが「もう止めて〜」声にして泣き出してしまうくらいの惨さでした。

しかも一人はシーズン1から登場し、かなり人気がある「イイ人」キャラだっただけに、絶望感はハンパないです。

その後もニーガンは尚も反抗的なリックを従わせる為に、二人を殺すだけじゃ飽き足らず、リック自らに息子のカールの腕を切断するように命じたり。
ダリルも人質にとられ、戦力的にも大幅ダウンしてしまいました。

もう第一話は絶望しかなく、本当に辛い回でした。
今までリックはどんな敵にも立ち向かっていく、絶対的なリーダーでしたが、ここからどう持ち直していくのか、とても楽しみです。肥後すっぽんもろみ 店舗